日本コーチ協会 群馬チャプター
Japan Coach Association   Gunma Chapter
  
本文へジャンプ
 
 定款

1.この会の名称を「日本コーチ協会群馬チャプター」とする。

この会は「特定非営利活動法人 日本コーチ協会」の支部とする。

2.目的および活動

@          健全なコーチの育成を目指す。

A          群馬の県民性・風土に合ったコーチングを目指す。

B          コーチングの正しい知識の啓蒙をはかる。

C          コーチングを通じての地域活性化を目的とする。

3.会員

@          本会の目的に共感して、活動に協力できる意思表示をした者を入会希望者とみなす。

A          入会の可否は、役員会の協議を経て、チャプター長の承認をもって最終決定とする。

B          他の組織・団体・事業などの勧誘のみを目的とする入会は認めない。

C          会員は、日本コーチ協会倫理網領を遵守し、コーチの良心に反する行為は行わない。

D          年会費は6,000円とする。年度は6月1日より5月31日までとする。
    ただし、入会初年度の年会費については下表の通りとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単位:円

入会月

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

年会費

6,000

5,500

5,000

4,500

4,000

3,500

3,000

2,500

2,000

1,500

1,000

1,000

 

E          退会の意思表示をした者、本人が死亡した場合、本人が除名された場合は、会員資格を喪失する。

F          会員が、群馬チャプターの目的や活動に支障をきたすと判断された場合、役員会の判断により
    除名できる。

G          既に納入した会費およびその他の提出金品は返還しない。

4.役員会

@          役員で構成され、この会の運営や活動をリードしていくことを目的とする。

A          この会の運営を円滑に行うために次の役員を置く。

・チャプター長           1名(必要に応じて副チャプター長を置く)

・事務局長             1名

・各担当役員           1名以上(必要に応じて人数を決める) 

・会計                 1名

・監査                 2名

B          チャプター長は、この会の目的の実現と、コミュニケーションの向上をはかり、そのための最終判断を
    する。
    事務局長は、より調和のとれた環境作りを目指し、この会の活動および業務運営などを分担して行う。
    会計は、この会の運営を確かなものにするために、会計業務および金銭管理を行う。
    監査は、この会より信頼あるものにするために、財産および金銭収支の状況等、この会全体を監査する。

C          役員の選出は、会員の中から、会員の推薦または自薦をし、総会の多数決により決定する。
    ただし、必要と認めた場合は、会外から選出することもできる。

D          役員の任期は1年とする。ただし、再任も可能とする。

E          役員が、群馬チャプターの目的や活動に支障をきたすと判断された場合、総会の過半数の同意に
    より除名できる。

F          役員の活動費は、総会の議決を経て別に決める。

5.総会

@        会員で構成し、この会の重要事項の決定をする場として、それぞれに自由な意見を述べる権利を与える。

A          通常総会は、毎年1回開催する。
    臨時総会は、会員の3分の1以上からの要請、または、チャプター長が必要と認めたときに召集する。

B          総会は会員の過半数の出席(総会に出席できない会員の委任状を含む)をもって成立する。

C          総会の議事は、出席した会員の過半数(委任状を含む)をもって決定する。
    ただし、可否同数のときは、チャプター長の判断をもって決定する。

D          総会の議事については議事録を作成する。

6.この会の活動は、年会費および寄付金品、活動に伴う収入、その他の収入によるものとし、会計が管理する。

                              *この定款は平成20年6月7日に改正